英語で!フィットネス&ビューティー

YouTubeのエクササイズ動画を厳選して紹介するブログ。ついでに英語の聞き取り力もアップ!

YouTubeのエクササイズ動画を厳選して紹介するブログ。
エアロビクス、ダンス、ボクササイズ、筋トレ、フラフープ、ストレッチ、ヨガ、トランポリンなどの記事をアップしています。
英語圏で作成された動画ばかりなのは、リスニングスキルのアップも兼ねているからです。


From YouTube

22 Exercises To Improve Posture

 

この動画の動きで、姿勢の改善が期待できます。
動画の紹介文によると、内容は以下の22種類。

(赤い文字は、わたしの下手な日本語訳です。)

1. Standing Hip And Lat Stretch
1.立位で行う腰と臀部のストレッチ
2. Standing IT Band Stretch
2.立位で行う腸脛靭帯のストレッチ
3. Glute Bridge
3.グルートブリッジ(gluteとは殿筋という意味)
4. Posterior Plank
4.後部のプランク
5. Camel
5.キャメル
6. Table Top Bridge
6 テーブルトップブリッジ
7. Lying Scapular Hold
7.肩甲骨のホールド
8. Cobra
8.コブラ
9. Lying Pull Downs
9.ライイングプルダウン
10. Downward Dog to Upward Dog
10.ダウンドッグからアップドッグ
11. Band Hip Thrusters
11 バンドヒップスラスター
12. Frog Hip Thrusters
12.カエル足のヒップスラスター
13. 3 Way Scapular Band Flyes
13. スリーウェイ 肩甲骨のバンドフライズ
14. Suspension Trainer Snow Angels
14.サスペンショントレーナースノーエンジェルス
15. Suspension Trainer Lat Side Stretch

15.サスペンショントレーナーラットサイドストレッチ
16. Suspension Back Flyes
16.サスペンション・バック・フライズ
17. Chest Foam Rolling
17.チェスト・フォーム・ローリング
18. Lat Foam Rolling
18.ラップ・フォーム・ローリング
19. Psoas Foam Rolling
19.ポーザス・フォーム・ローリング
2
0. Kneeling Band Hip Hinge
20.膝を曲げるヒップ・ヒンジ
21. Band Good Morning
21.バンド・グッド・モーニング
22.Stability Circles
22.スタビリティサークル


わたしは、3番目のグルートブリッジが苦手で、ついさぼりがち。

だから、大殿筋を含む筋群がきたえられていません。

この夏は、腰からハムストリングにかけてのラインをきれいにしたい!

なので、この動画を参考にジムや日々の生活の中でトレーニングをしたいと思います。

みなさんの苦手な動きはどれですか?

めんどうくさいと思うエクササイズほど、やれば効果があるかもしれません。

これら22種類の動きから、いくつかだけでもやってみましょう。

 


 
From YouTube
15-Minute Boxing Workout You Can Do At Home
| Class FitSugar

 

通っているジムで、たまにボクササイズ系のプログラムに出ることがあります。

単純なコリオグラフィーですが、脂肪燃焼とストレス解消ができます。


てっとりばやく汗をかくには、ボクササイズは便利なエクササイズ。


この動画は、15分でお手軽にできるボクシングのトレーニングです。


だけどジャンピングジャック、バーピーなどの脂肪燃焼効果が高い動きも取り入れています。

また、腹筋、プランクなどの自重トレーニングもあるので、ひきしめや体幹トレーニングにもなります。



動画の中では、軽めのダンベルが使用されていますが、なくてもOK


From YouTube

【バレエダイエット】たった3分でほっそり!! + 姿勢を良くする方法【バレリーナが教えるシリーズ by Melodee


メロディー・モリタが、日本語と英語でバレエダイエットとエクササイズを教えてくれます。


バレエの動きは、日常で使わない筋肉を使うのでひきしめ効果が期待できます。
姿勢も良くなり、内臓への負担も緩和します。



動画の前半で、メロディーが3つの動きを、それぞれていねいに説明してくれます。

まずは、二の腕に効くポール・ドゥ・ブラ(port de bras:腕の運び)。

それから、大腿内側を意識したドゥミ・プリエ(demi-plies:膝を曲げる)。

最後に、ドゥミ・アチチュード・リフト(demi-attitude lifts)で足をひきしめます。


後半の3分で、上記の3つの動きを流れるように実演してくれますので、ビデオを流したまま真似をすればいい作りになっています。

↑このページのトップヘ